kogisoの忘れ形見
そしてマスコミは、天気予報が外れたことに責任を押し付けるのではなく、
用意も技能もないドライバーに責任があるとはっきり報じるべきだと思います。
すべてのプログラマは2つのモニタを持つ権利を有する
すべてのプログラマは高性能なPCを持つべきである
すべてのプログラマはマウスとキーボードの選択の権利を有する
すべてのプログラマは快適な椅子を持つべきである
すべてのプログラマは高速なインターネット接続を持つべきであるすべてのプログラマは静かなる仕事環境を持つべきである
www.textfile.org - プログラマの権利宣言 (via mcsgsym) (via fumi-tano) (via jrgamo) (via m0r1, gkojax)
nise3kawan:

Twitter / child__days: おっさんが小学生に道を聞く→その場にいた小学生全員が防犯ブザ …
「正直に話そう」と「あー、もう全部めんどくさくなった」は同義
Twitter / @takasawa (via clvi)
人間の脳というのは不思議なもので、疑問形を耳にすると、脳は即座に回転しはじめます
【BBM:これで文章力が一気にアップ!】『非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門』ビジネスブックマラソンvol.1622 [まぐまぐ!] (via nakano)
おばはん(個人的統計による)の語尾上げに腹が立つのは、これだな。意味もないところで語尾上げされたら、返す言葉がないどころか、思考を中断させられる。 (via ontheroad) (via kml)

金田一読んだあとでぶっこみの拓読んだらいちいち「!?」でひっかかるアレですね(違

(via anbt) (via kml) (via konishiroku) 2008-12-28 (via gkojay)

2010-03-28

(via quote-over100notes-jp) (via gkojax)
・人が何か目標をかかげたとき、あきらめるまでにトライする回数は、平均何回くらいだと思いますか? 1回未満です。
自分の仕事に専念して誇りをもつことは、確実に高い生産性をもたらす態度だ
 古代ギリシャの哲人アリストテレスは、「ウナギは大地のはらわたから生まれる」と考えたという。日本では、山芋がウナギになるという言い伝えがあった。なるほど、どちらもぬるぬるとつかみがたく、食べれば精がつく▼美濃出身の僧で落語の祖とされる安楽庵策伝は『醒睡笑』にこんな話を書いた。肉食を禁じられた僧がウナギを割いて食べようとしているところを人に見られてしまった。僧の言い訳は「山の芋を汁にして食べようと取り寄せたら、見る見るうちに、ウナギになってしまって…」▼国際自然保護連合が、ニホンウナギを絶滅危惧種に登録した。それこそウナギのぼりに値が上がってから、すっかり縁遠くなってしまったウナギではあるが、「近い将来、絶滅の危険性がある」と聞けば、何とも心苦しくなる▼古来解けぬ謎だったニホンウナギの産卵現場を突き止めた生物学者の塚本勝巳さんは、今の大量消費ぶりは「シーラカンスの回転ずしや、トキの焼き鳥」みたいなものだと言い、「十年ぐらい成魚も稚魚も捕るのを我慢しないと本当に危ない」と、警告する▼絶滅危惧種に登録されても、それだけで売買が禁止されるわけではないが、このまま減り続ければ、それこそ禁制品になってしまうかもしれぬ▼禁じられたウナギに手を出して、「いや山の芋を…」と言い募る羽目になっては笑い事ではない。

「ストレスとプレッシャーは生き物だ。そいつらには特性がある。
逃げる者しか追わない。」


と、尊敬している人が言っていました。

親父、ありがとう。

Twitter / seiji (via yuria)

2010-10-24

(via mmtki)

ピンチの時はこの言葉を思い出す。
安地は立ち向かった先にある。

(via highlandvalley)