kogisoの忘れ形見
マッカーサーを感動させた昭和天皇の言葉


「…(終戦時において)陛下に対する占領軍としての料理の仕方は、四つありました。

一つは東京裁判に引き出し、これを絞首刑にする。
一つは共産党をおだてあげ、人民裁判の名においてこれを血祭りにあげる。
三番目は、中国へ亡命させて中国で殺す。そうでなければ、二〇個師団の兵力に相当するかと怯えた彼らです。
また第四番目は、闇から闇へ、一服もることによって陛下を葬り去ることでありました。


いずれにしても、陛下は殺される運命にあったのです。
天皇は馬鹿か、気狂いか、偉大なる聖者か、いつでもつかまえられる。
かつては一万八〇〇〇人の近衛師団に守られたかもしれないが、今や全くの護衛を持たずして、二重橋の向こうにいる。…


陛下の割腹自刃の計画は、三度ありました。
貞明(皇太后)様は、(侍従に、)陛下から目を離さんように命じました。
じつに一番悩まれたのは、陛下でありましたでしょう。


九月二七日、陛下がただ一人の通訳を連れて、マッカーサーの前に立たれたことは、皆様方もよくご承知の通りであります。
ついに天皇をつかまえるべき時が来た。
マッカーサーは、二個師団の兵力の待機を命じました。
マッカーサーは、陛下は命乞いに来られたものと勘違いし、傲慢不遜にもマドロスパイプを口にくわえて、ソファーから立とうともしなかった。

陛下は直立不動のままで、国際儀礼としてのご挨拶を終え、こう言われました。

『日本国天皇はこの私であります。戦争に関する一切の責任はこの私にあります。私の命においてすべてが行なわれました限り、日本にはただ一人の戦犯もおりません。絞首刑はもちろんのこと、いかなる極刑に処されても、いつでも応ずるだけの覚悟はあります』

――弱ったのは通訳でした。その通り訳していいのか

――しかし陛下は続けました。

『しかしながら、罪なき八〇〇〇万の国民が、住むに家なく、着るに衣なく、食べるに食なき姿において、まさに深憂に耐えんものがあります。温かき閣下のご配慮を持ちまして、国民たちの衣食住の点のみにご高配を賜りますように』


天皇は、やれ軍閥が悪い、やれ財界が悪いと言う中で、一切の責任はこの私にあります、絞首刑はもちろんのこと、いかなる極刑に処せられても…と淡々として申された。
このような態度を見せられたのは、われらが天皇ただ一人であったのです。
陛下は我々を裏切らなかった。

マッカーサーは驚いて、スクッと立ち上がり、今度は陛下を抱くようにして座らせました。
そして部下に、「陛下は興奮しておいでのようだから、おコーヒーをさしあげるように」と。

マッカーサーは今度は一臣下のごとく、直立不動で陛下の前に立ち、
「天皇とはこのようなものでありましたか!天皇とはこのようなものでありましたか!私も、日本人に生まれたかったです。陛下、ご不自由でございましょう。私に出来ますることがあれば、何なりとお申しつけ下さい」
と。

陛下は、再びスクッと立たれ、涙をポロポロと流し、
「命をかけて、閣下のお袖にすがっておりまする。この私に何の望みがありましょうか。重ねて国民の衣食住の点のみにご高配を賜りますように」
と。

そののちマッカーサーは、陛下を玄関(ホール)まで伴い、見送ったのです。


皆様方、日本は八〇〇〇万人と言いました。
どう計算しても八〇〇〇万はおらなかったでしょう。
いかがです?
一億の民から朝鮮半島と台湾、樺太をはじめ、すべてを差し引いて、どうして八千万でしょうか。
じつは六六〇〇万人しかいなかったのです。
それをあえて、マッカーサーは、八〇〇〇万として食糧をごまかして取ってくれました。
つまりマッカーサーは、いわゆる、陛下のご人徳にふれたのです。
米国大統領からは、日本に一〇〇〇万の餓死者を出すべしと、マッカーサーに命令が来ておったのです。

ただ一言、マッカーサーは、
『陛下は磁石だ。私の心を吸いつけた』
と言いました。

彼は陛下のために、食糧放出を八〇〇〇万人の計算で出してくれました。
それが後で、ばれてしまいます。
彼が解任された最大の理由はそれであったというのが、事の真相です。
日本マクドナルド原田さん「アンケートをとると、必ずヘルシーなラップサンドやサラダがほしいと要望があって、商品化したけども、売れたためしがない。ヘルシーなサラダでなくメガマックが売れる。お客は言うこととやることが違うから、お客の話を聞いてはだめ」 アプリとか作るときの参考に。
「私以外の女の子とネット上でも絡まないで!!!!」 「……ごめん」 「なんで謝るのよ!!!」 「……いや、お前が女だと思ってる人たち…全員男だ…」 「え、ええ!!?…あの、超可愛い自撮り写メアイコンのゆるふわも、いつもキャピキャピのつぶやきする人も、全員…?」 「う…うん……」
これは塩野七生さんが『ローマ人の物語』に書いていることだが、ローマの賢人たちは死期が近づいてきたと感じたら、メシを食うのを止めたそうだ。固形物は一切口にせず、水で薄めたワインだけを飲む。当然ながら、だんだん痩せてくる。最終的にはワインも止めて、水だけを飲む。すると眠るがごとく死ぬんだよ。

残念ながら、日本人は奴隷としては最高級に優秀だ。

どんなに嫌な職場でも限界が来るまで辞めないで頑張る。

なぜなら、転職しても給料は落ちる方が多いし、

年齢や能力によって転職が簡単ではなくなるから。

さらに仕事辞めたらセーフティネットがほぼないため、

死ぬしかない。つまり、転落はかなり容易で、這い上がるのは

かなりの難易度。この恐怖から逃れるために、

多くの優秀な日本人は今日も耐え続ける。

2008-04-18 - 夏の葬列
2008-04-20

これで社会が上向くわけがない

(via tsundere) (via katoyuu) (via amagiri, konishiroku)

2009-09-06

(via quote-over100notes-jp) (via mcsgsym) (via akaganesaru) (via leletone) (via kuze96)

(via mysmn)
マリナーズのイチロー選手が、確か打率争いをしている他の選手についてのコメントを求められたときだったかと思いますが、こんなことを言っていました。 「彼の打率は、僕にはコントロールできない。だから別に興味はありませんね」 このコメントは、僕の心に深く焼き付いています。 自分でコントロールできるものとコントロールできないものを区別し、自分がコントロールできるものだけに集中する。自分がコントロールできないものには興味を持たない。
イエスは違法ダウンロードをした男が石を投げられているのを見て、石を投げる群衆に「この中でyoutube等の動画サイトを見たことのない者だけが投げなさい」と言った。すると石を投げる者は一人、また一人と減り、最後にはネットの使い方がよく分からない国会議員のみが残った。
“人生から「戦い」を捨てると、努力が実りはじめる”  
戦いが「第一目的」になっていたり、一日の大半を戦いに費やしていたりしたら、あなたは大事な目的を見失ってしまっています。  
勝ち負けに振り回されてしまっている。
 毎日を無駄遣いしてしまっています。  私たちは、戦うために生きているのではない。
 楽しむためや、人のためになったりするために、生きている。  それがわかって、軌道修正がおこると、努力が実り始める。  
心のなかに、戦いを発見したら、すぐにそれをやめよう。
 戦いをやめて、対峙した二つの視線を、より高次な共通のビジョンに向け直させよう。  
戦いをやめて、努力しよう。
 戦いをやめて、本質を追求しよう。
 戦いをやめて、仲良くしよう。  
本当に大事なことに目を向けよう。

入社して1年も経っていないが、周りを見ていて損するタイプ、得するタイプが自分なりに見えてきたので、まとめる。

2年目では、また考え方が変わるだろう。

また、タイトルにもあるとおり1年未満のぺーぺーなので考えが甘いかもしれない。
■あいさつ
損するタイプ 挨拶はするが、声が小さく顔を見ない。
得するタイプ 顔を見て元気に挨拶。

■コミュ力
損するタイプ 笑顔が無い。分かる、分からないを言わない。声が小さすぎる。
得するタイプ 笑顔がある。分かる、分からないを言う。

■態度
損するタイプ 過剰な自信家。学ぼうとしない。先輩面をする。”俺が上だから、文句いうな”系
得するタイプ 謙虚。学ぶ姿勢がある。後輩の教育をする。”調べても分からなかったら聞いていいよ”、”調子どう?”系

■メール
損するタイプ 適当に始まり、署名で終わる。
得するタイプ “○○さん”から始まり、署名で終わる。

■飲み会
損するタイプ 静かに飲む。楽しんでいない。楽しんでいるとしても身内。
得するタイプ お酌に廻り、その場で話を楽しむ。

■勉強
損するタイプ 忙しいのを理由にやらない。当然結果が出ない。
得するタイプ 忙しくても時間を見つけ、勉強する。頑張って結果を出す。

■意見
損するタイプ 言わない
得するタイプ 言う

■積極性
損するタイプ ない
得するタイプ ある

■人付き合い
損するタイプ 相手の名前を覚えない。コミュニケーションをとらない、とれない。
得するタイプ 相手の名前を覚える。何かしらのコミュニケーションをとり、覚えてもらう。

■時間管理
損するタイプ 始業直前に来る。
得するタイプ 結構前から来る。Todoの確認。(と見せかけニュースサイト閲覧は私)

■残業
損するタイプ たくさんする。
得するタイプ 必要最低限

■人間関係
損するタイプ 横のつながり
得するタイプ 横は当然ながら、縦のつながり

■会話
損するタイプ 目を見て話さない
得するタイプ 目を見て話す